最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2012年12月25日 (火)

社会はいじめで出来ている2

大変お久しぶりです。

デモ情報の収集・拡散がとにかく忙しく、とてつもなく間が空いてしまいましたが、前回さらっと流したある一部分について掘り下げます。元々続く予定だったのですが心の余裕がなく、遅れてしまいました。もしよかったら一つ前の記事から読み直していただけるとありがたいです。

さて、前回の記事の中にこのような記述をしました。

「いじめる人の中には、いじめられた経験を持ち、その苦しみを知っている者も多いのです。再びいじめられることを回避するには、いじめる側に立つのが有効だからではないかと思います」

いじめられる苦しみを知っていたらいじめることなんて出来ない、と言う人がよくいます。しかし、実際の割合はわかりませんが、かつていじめられていた人が今度はいじめる側に立つ、というのはよくよく聞く話です。

なので、よくいじめに遭う人が、「私はいじめられっこでした」と言う人に出会ったら、気持ちがわかってもらえると思って安易に心を許してはいけません。逆に、この人は自分をいじめるかもしれない、と思っていた方が無難です。非常に残念な話ですが、僕は実体験として何度もそういう目に遭っています。

ここまで読んで、「そんなにいじめられるのは、お前に原因があるんだろ!」と突っ込んだ人はおられますか?
まあそうかもしれません。

でも、いじめは絶対悪です。
たとえ僕の行動に腹を立てても、いじめてはいけません。
なぜなら、いじめというのは、卑劣な行為そのものを表す言葉で、喧嘩とか言い争いなどとは違うのです。どんな理由があっても正当化されることは絶対にありません。

では、なぜいじめの苦しみを知っている人がいじめる側に立つのか。

これが、いじめをなくすことの難しさの一因でもあります。

いじめられるということは本当に辛いもので、それを経験してしまった人は、なんとかまたそこに戻されないよう必死になります。では、いったいどうすればいいのでしょう。

前回書いたように、いじめの成立には、標的と首謀者の他に、同調する人が必要不可欠。そして、傍観者によって完成するのです。発生してしまったら、それは標的の努力によって回避するのは大変困難です。そして、傍観する人の中には、"関わると自分が標的にされる"という恐怖心からなる人もいて、それは本当にそうなる可能性を秘めているのです。
では、他人と関わらざるを得ない環境にあって、いじめの標的になることを回避するために最も有効な手段は何でしょう。

首謀者か同調者、すなわち"いじめる側に立つ"ことなのです。

人をいじめている間はほぼ安全と言えます。いじめられることの苦しみを思えば、自分がその環境に落とされないために、いじめる側に立てば安全という誘惑に勝てないことも、また理解できます。それは、案外簡単に陥ってしまうものです。

いじめられる苦しみを知っていて、自分はいじめる側には絶対立たないぞ、と思うなら、それは強い意志を持って誘惑と戦う、そしてうっかりそこに流されないように自分の行動を常に振り返る努力が必要なのです。
しかしそれは、自分がいじめる側に立たないことにしか役に立たず、いじめられる危険性は少しも減りません。自分の身の安全のためには、全く役に立たない行動なのです。

この状況で、いじめの苦しさを知っているなら他人をいじめないだろう、という論理は成立しません。

いじめられっこが人をいじめることがよくある理由がわかってもらえましたでしょうか。

そして、タイトルに書いたように、社会はいじめで出来ていると僕は思います。
学校や職場などで起こるわかりやすいいじめの他に、会ったこともない権力者が自らの得を保つために多くの他人を犠牲にし、日常生活を送る中でも他人の危機回避による無意識のいじめによく遭遇しているのです。いじめられ、そしていじめているのです。

自分が酷い目に遭うことを回避するために、代わりに誰かを酷い目に遭わせていないか、ということを常に振り返る努力が必要です。完璧に把握するのはとても困難ですが、意識して振り返る、想像することが大切だと僕は思います。

2012年7月11日 (水)

社会はいじめで出来ている

今回は、いじめについて書くのですが、実はこれ、事件とは関係なく書き始めていたものです。
原発関連で色んな状況、意見を見ていて、これは"いじめ"と同じ構造をしているな…と思ったのです。

みなさん、「いじめ」についてじっくり考えたこと、ありますか?

いじめられたことはありますか?

いじめたことはありますか?

社会的に大きな動きで誰かが苦しめられる時、僕はそこにはいつも「いじめの構造」があると思っています。

まず、学校で起こる、よくある「いじめ」という形から考えてみましょう。


いじめを無くすことが出来るかどうか。

このことは、よく議論されてきています。

いじめが起こると、問題視されるのは、その首謀者・きっかけですね。何の理由もなく突然誰かがいじめられ始めるというパターンもあれば、誰かに対して好ましくないことをしたために仕返しとして発生するパターンもあります。
しかし、どのパターンであっても、最初は誰か1人が思いつき、多くは小さなことから始まります。突然ワーっと始まるように見えることもあるでしょうが、やはり誰かが最初にやりだすのです。そしてそれに同調していくのです。

起きている問題を無くすことが出来るかどうかと考える時、人は「根源をいかに無くすか」というように考えます。しかし、いじめの根源は大抵は小さなことであり、人と人が付き合う上で、いくらでも起こる摩擦なので、それを発生しなくさせることは、ほぼ不可能です。

それなのに、学校の評価を下げないために、いじめが発生した事実を認めないのが当たり前になっています。いじめなんて、起きて当たり前。小さいうちにどう納めるかが重要で、起きたということで評価を下げてしまっては駄目です。だったら、いじめが発生しないように、教室、廊下、校庭、とありとあらゆる場所に人員を配置して、構内で一切いざこざが起こらないように監視すればいいということになってしまいます。

さらに、いじめる人の中には、いじめられた経験を持ち、その苦しみを知っている者も多いのです。再びいじめられることを回避するには、いじめる側に立つのが有効だからではないかと思います。その悲しい事実が、いじめの根源を無くすことの難しさを物語っています。

では、いじめを無くすことは不可能なのか。

僕はこう考えます。

「いじめの根源を無くすことは不可能だが、そこから酷いいじめに発展することを防ぐことは可能」

既に書いた通り、いじめのもとになる原因、根源は些細なことであることがほとんどです。一人の人間が、例えばクラスの大多数を一瞬で敵に回すことを起こすなんてことは、あまり考えられません。

何かあって、それを悪く思う人がいる。

あるいは、特に理由もなく順番でいじめられ役が回ってくるなんていう悲しい話もあります。

とにかく、誰かが誰かをいじめたいというところから始まるわけですが、それが大きな酷いいじめに発展するために必要不可欠なことは、「同調」「傍観」です。

いじめたい意思を持った人ではなく、特に何も思ってないのに一緒になっていじめる人、さらにそれを見て見ぬふりをする人。そういう人たちが現れてこそ、いじめがいじめとして成立し、被害者は追い詰められていくのです。


僕は、小学校入学初日から、高校卒業まで、常にいじめられっこだったと言えるのですが、小学5年生のただ一年だけ、クラスに陰湿ないじめは発生しなかった。

これは、その1年だけを担任した先生のおかげなのですが、以下のような方針を年始に宣言したのです。

「喧嘩はしていいが、危ないので教室ではなく外でやること」

「喧嘩をする際は、必ず1対1ですること」

この2点のみです。

この学校でも、それまでは「喧嘩はしてはいけない」という教育をされてきたので、衝撃的な教えでした。

この先生は、後に絶大なる信頼を得るのですが、年始からこのルールを生徒が忠実に守ったのは、やはり喧嘩を許可された、ということの印象深さではないでしょうか。

こうして、生徒個々のいざこざは、1対1の喧嘩で解消され、陰湿ないじめに発展することはなかったのです。

いじめというものは、発生源だけでは成立しない、集団でのみ成立するものです。


今、大変大きな問題になっている、いじめ自殺事件ですが、僕は教育委員会は元々子どもを苦しめるために存在しているとしか思えないので、そういう点で驚くことはないし、先生も当たりに出会わなければこういうことになるであろうことは、放射能の問題から見ても想像に難くないと思います。警察の対応も、残念ながら、ニュースでよく聞くものです。

とても酷いし、とても悲しい、腹立たしい事件なのですが、どの点をとりあげても、今の日本では何の不思議もない事件だと思ってしまいます。

そして、恒例のミスによる犯人情報公開によって個人特定がなされ、また、いじめたとされる人間の親の動きにも批判が集まった結果、ネットで関係ない人たちが糾弾を始めました。

似たようなことはよくあるのですが、ここで自分の行動を振り返って欲しいものです。

関係ない人間が加担することで、いじめは育っていく。

ネットで糾弾している方のやっていることは、いじめを批判するという形をとった「新たないじめ」なのです。

そして、社会の構造が、このような「いじめの構造」で成り立っていることもわかるでしょうか。

誰かが言っていることに同調する。

問題があると思っていても関わらないで傍観する。

世の中は悪い奴が山ほどいますが、この同調と傍観によって、彼らの思い通りになる手助けをしているのです。

別に、沈黙する自由もあるわけですから、強制は出来ませんけど、黙っていたら、良くも悪くも加担していないことになる、と思ったら大きな間違いです。

身近でいじめに逢っている人から見たら、見えているはずなのに何も反応しない人も地獄の構成要素の一つ。死ぬ方がましだと思わせる絶望の日常の一部なのです。

沈黙の有名人たち。何も言わないあなた方が今までと変わらない日常を見せることは、危険かもしれない状況について「安全です」と言っているのと同じことなのです。


最後に・・・

いじめで自殺という事件があると、「死んだ」という事実から大変大きく扱われますが、そこからもう一歩進んで、死んだほうがましだと思わせるほどの苦しい日々があった、ということに思いを向けて欲しい。

2012年7月 2日 (月)

原発やめろ野田やめろデモ!!!!!

状況が状況なだけに、ブログを書くのが難しい。僕には。

色々書くべきことがあるのだが、じっくり時間をかけたい。
よって今回は、新宿で行われた「原発やめろ野田やめろデモ!!!!!」のレポート。

雨の中、新宿中央公園に集まって出発前の集会。

僕が始めて参加したデモも、ここからで、6月だった。

あれから一年経って、まだ同じことを繰り返し言わなきゃならないのか…と、始まる前から心が荒んでいくようでした。

僕は一人でデモに行くのは、とても辛いのだが、今回は金曜日に初めて会った仲間達、その人たちのおかげで予想外に初めて会った仲間達と一緒だったので、とても気が楽だった。

全体的な様子はわからないんだけど、僕がいた辺りは、最初から最後までずーっと「再稼働反対!」だけを言い続けていました。隙間なく。それが、前後でタイミングがずれて困るくらいだったので、誰かが先導してどうこう、というより、次から次へと移り変わっていくという感じでした。

というわけで、いつものように、参加者から見たデモ風景の動画を、暇で暇で困ったら、御覧下さい。時間がない人は、とばしとばし、でも最後は見て欲しい。

2012年6月19日 (火)

ご無沙汰してしまった。

前回の記事までは、なかなかいい雰囲気でデモに行こうという流れが出来ていたのに、急に更新できなくなってしまいました。

この間、5/5の全原発停止を記念する日に芝公園からのデモに行き、その後経産省に行って、毎日抗議をしている方々に挨拶してスピーチ。

記事を書いては直し、書いては直し、としているうちに、時間がたち、6/1の官邸前抗議。

僕にとっては2度目の官邸前でしたが、明らかに人数は増えていました。

そして、全国各地の数々の行動にも関わらず、さらっと大飯原発の再稼働が決定。

何の躊躇もなく、公然と嘘を吐く野田総理に怒りが集中し、官邸前にはついに1万人を超える人が抗議するも、ほぼ報道されず…

という状況ですね。

せっかく動画を撮って、いろいろ言いたいこともあったけど、なんだかすっかりそういう状況じゃなくなってしまいました。

残念 残念

で、今集中してやっているのは、「脱原発系デモ情報拡散」というブログ。
ツイッターがメインだったんだけど、これのアカウントが現在凍結中なので、ブログでデモ情報をほぼ毎日更新しております。是非御覧下さいませ。

2012年4月10日 (火)

4/8(日)原発いらないもん!デモ@横浜 に行ってきました。

TwitNoNukes神奈川が主催する初のデモ「原発いらないもん!デモ@横浜」に行ってきました。

久々の横浜は、思っていた以上にでかい建物が多くてちょっと焦りましたが、なんとなく海を感じられる雰囲気は好きです。

横浜の東電前では、以前からデモが行われれていますが、日曜の人が多い時間に中心街でやるデモの意義は大きいのではないかと思います。

城南信用金庫の前で応援コールしたり、東電、横浜市庁舎、神奈川県庁舎と、悪の組織のアジトだらけで面白いコースでした!

渋谷に続いてTwitNoNukesデモですが、雰囲気はいいですね。やっぱりこのような形が理想的なのではないかな…と思いました。あとは地域性というのもあると思いますけど、動員で大勢集まるデモは、報道されればインパクトありますが、沿道から見る分には数百人でもインパクトありますし、気楽に参加できそうな感じというのは重要だと思います。

今回は、動画と写真が大差ないので、動画だけ載せます。10分あるので、暇で暇でしょうがない人のみ、見ていただけたら幸いです。

«暫定規制値の改定に備えて騙されないように再確認。