最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 大飯原発 ストレステストから再稼動への流れ サンデーモーニング | トップページ | 木が怖い »

2012年2月24日 (金)

イチョウが汚い

過去数回「街路樹の異変」として奇妙な状態になっている街路樹を紹介してきましたが、久々にそのシリーズです。

今回は、昨年12月に撮った、イチョウの写真です。

まずはこれ。

Icho111201

えー…なんと申しましょうか…汚いです。
枝にそって、そして全体的に枝の根元まで葉っぱが生えています。

こんな姿を見るのは初めてです。

次にこれ。

Icho111202

上の方は置いといて、下の方、例年通りなら枝がないところにも、多数の「ひこばえ()」があるので、幹の下の方まで葉がしげっています。いつもなら、下の方には葉がなく、上のほうにモサモサとしているものですが、今年は手入れが悪いだけ、ということはないと思います。
※「ひこばえ」とは、樹木の切り株 や根元から生えてくる若芽のこと。

上のほうも、なんだか枝の根元に近い方ばかり葉が残っていて、裸になった細い枝がバシバシ飛び出しています。

こんな汚い木ではなかった…

Icho111203

イチョウというのは、「ひこばえ」がよくある、と聞きましたが、異常に多いのですよ。
上の写真のように、木の根元からもいっぱい枝が出てきて葉を茂らしているのです。

wikipediaによると「環境悪化などによって主茎が弱った場合などには蘖(ひこばえ)が多数でることがある」とのことです…

真下から覗くと…
一本の木がジャングルのようです。普段はこんなに枝の根元まで葉はないです!

※クリックで拡大
Icho111204

« 大飯原発 ストレステストから再稼動への流れ サンデーモーニング | トップページ | 木が怖い »

街路樹・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118639/44239385

この記事へのトラックバック一覧です: イチョウが汚い:

« 大飯原発 ストレステストから再稼動への流れ サンデーモーニング | トップページ | 木が怖い »