最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 街路樹の異変 2012年2月 パート2 | トップページ | 『ヒバクコク~切り捨てられた残留放射線~』 文字起こし(1/4) »

2012年3月 4日 (日)

『ヒバクコク~切り捨てられた残留放射線~』 文字起こし、予告

次回記事より、2011年12月26日、テレビ朝日で放送された、「ヒバクコク~切り捨てられた残留放射線~」を紹介します。

これは、2010年5月28日に放送された名古屋テレビの番組「隠された被爆 ~残留放射線の闇~」の再校正版です。ディレクターの安藤則子さんのコメントをまず以下に転載します。

被爆国に問う ~切り捨てられた残留放射線~

 

「原爆投下後の広島や長崎に、救援活動や家族を探すために入った人の中にも、原爆症で亡くなった人がいる。」被爆者の証言集には、そうした実話が収められています。だから、原爆の放射線はじわじわと長く人を傷つけるものだと、私は思ってきました。ところが、原爆症認定集団訴訟の取材を通して、国が全く逆の考え方をしてきたことを知りました。爆発から1分以降の残留放射線に影響はないとして原爆症の申請を却下し、法廷では、被爆者を指して「ほとんど被曝していない」とまで主張しました。
この発言には驚き、内心、怒りを感じました。被爆者の証言の中に真実を探す姿勢が、国になかったからです。

残留放射線の影響を公式に否定したのは、原爆を開発したアメリカです。アメリカは、原爆投下前に残留放射線のリスクを知りながら、自国の兵士や市民をも核実験で被ばくさせました。そして、その核の傘の下に日本はあります。

今回、否定の裏側を知りたくて、アメリカを取材しました。アメリカでは、元国防長官から核実験を随行した科学者にいたるまで、カメラの前での証言を拒みませんでした。ところが日本では、前厚生労働大臣、官僚、国側の科学者の全てが「多忙」を理由に取材を拒否。私の力不足ではありますが、忸怩たる思いでいます。

原爆症認定集団訴訟は、被爆者側の全面勝訴で幕をおろそうとしています。訴訟は、60年余りの時を経て、残留放射線の問題をよみがえらせました。その影響を認める新しい発見もなされています。しかし、まだ残留放射線の多くが未解明です。「国は今まで何をしていたのだ」と被爆者が番組の終わりで怒ります。「日本が認めないから世界が認めない」核実験による残留放射線の被ばく者は、世界にいます。その影響を明らかにしていくことは、被爆国の被爆国たる役割ではないのでしょうか。

(以上)



原発と原爆を絡めて話すことを否定される方もおられますが、これを見ると、低線量被曝の人体への影響を頑なに認めない学者や行政の問題が、世界的に存在し、核兵器と切り離せない事情であることがわかります。

戦後ずっと闘ってこられた方々がいます。我々の闘いは、始まったばかりです。

なお、音声で「ひばく」と言っている場合に、「被爆」と「被曝」のどちらか判断が難しい箇所がいくつかありました。自分なりに考えて選択しましたが、間違っているかもしれません。さらに、字幕では「被曝」は「被ばく」となっていますので、あらかじめご了承ください。

それでは、次回より、少しずつ更新していきますので、よろしくお願いいたします。

« 街路樹の異変 2012年2月 パート2 | トップページ | 『ヒバクコク~切り捨てられた残留放射線~』 文字起こし(1/4) »

文字起こし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118639/44368472

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒバクコク~切り捨てられた残留放射線~』 文字起こし、予告:

« 街路樹の異変 2012年2月 パート2 | トップページ | 『ヒバクコク~切り捨てられた残留放射線~』 文字起こし(1/4) »