最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 『ヒバクコク~切り捨てられた残留放射線~』 文字起こし(2/4) | トップページ | 『ヒバクコク~切り捨てられた残留放射線~』 文字起こし(4/4) »

2012年3月 9日 (金)

『ヒバクコク~切り捨てられた残留放射線~』 文字起こし(3/4)

原爆投下から65年、2010年、広島の平和記念式典に、アメリカの駐日大使が初めて出席しました。

Hbkkk090
【ジョン・ルース駐日米大使】

Hbkkk4_01
【広島平和記念式典 2010年】

「黙祷」

原爆加害国のアメリカにも、残留放射線の被曝者がいます。

Hbkkk091
【アメリカの核実験】

アメリカは、臨海前の実験を含めると1000回を超える核実験を行い、そのうち、215回は大気中でした。冷戦下、ネバダの核実験場では、きのこ雲の下、兵士達の訓練が繰り返されていました。

Hbkkk092
【全米被ばく退役軍人協会 代表 RJ・リッターさん(73歳)】

海軍の兵士だった、RJ・リッターさんは、1955年~56年の実験に参加しました。

Hbkkk093

リッター「高いレベルの放射能が残る爆心地に兵士を進めた目的は、兵士に何が起きるかを確認し、核戦争に備えるためだった」

Hbkkk095

*
 

Hbkkk4_02
【軍の宣伝フィルム】

これは、実験場での兵士の訓練の様子を紹介する、軍の宣伝フィルムです。まず上官が兵士を集め、訓練の安全性を説明しています。

Hbkkk4_03

上官「放射線の半分は爆発から1秒で放出。残りの半分が89秒間に放出されつくす。地上での放射線による危険は、爆発から90秒で終わる」

上官が話しているのは、初期放射線のことです。残留放射線は無視されています。

Hbkkk098

爆心地から2~3km離れた塹壕で爆発を待っていた兵士達は、立ち上ったきのこ雲に向かって突入させられました。

Hbkkk099

Hbkkk100

リッター「ソビエトとの冷戦下、核実験に関する全てが軍事機密。起きたこと全てを話せなかった。後に病気になっても、医師にも家族にも言えなかった。1993年にようやくアメリカ政府は機密扱いを解いたが、被ばくした兵士はすでに30万人死んでいた。秘密を墓まで持っていった」

Hbkkk101

全米被ばく退役軍人協会によると、大気中の核実験に参加した兵士は、およそ52万人です。

Hbkkk4_04_2

*

Hbkkk102
【アメリカ ユタ州】

核実験の爆発で生じた死の灰は、乾いた風に乗り、広い範囲に運ばれました。実験場からおよそ200km離れた、ユタ州のセントジョージ市は、死の灰の汚染地域です。

Hbkkk103
【クラウディア・ピーターソンさん(55歳)】

市内に住む、クラウディア・ピーターソンさんは、幼い頃見たきのこ雲を覚えていました。

ピーターソン「実験場は山のむこう。実験を見るには最高の場所。赤くなって炎があがって、きのこ雲が立ち上がった。家族が実験を子供に見せようと連れて来た。小さな街だが多くの人がこぞって見に来た。(実験を)見損なっちゃいけないと思っていた。安全だと言われていた」

Hbkkk104

山の向こうに、ネバダの核実験場はあります。町には実験場から飛んできた塵が、白い雪のように積もったと言います。

ピーターソン「私の父は脳腫瘍で死亡。私の姉は皮膚がんで36歳の時、6人の幼い子どもを残して死亡。私の末娘は白血病で死亡」

Hbkkk105

ピーターソン「被爆者もネバダの核実験のヒバクシャも、私たちは消耗品扱いなの」

Hbkkk106
【ピーターソンさんの亡くなった姉】

Hbkkk107
【亡くなった末娘】

家族や友人が、がんや白血病に侵され、次々と亡くなっていき、ピーターソンさんらは、実験の影響を疑い始めました。しかし政府は、死の灰による残留放射線の影響を認めませんでした。ようやく補償法が出来たのは、1990年です。

ピーターソン「長い間、政府は実験の影響を否定し続けた。アメリカ政府を起訴したグループもいたが、裁判は政府にとって都合の良い理屈で負けた。政府は国を守るために核兵器が必要だとし、責任を取ろうとしなかった。数年後、いくつかのがんを認め始めた」

Hbkkk108

ピーターソン「亡くなった家族は、私たちに幸せで健康であってほしいと願っている。醜い悪を世界からなくすことを望んでいるに違いない。家族を失って悲しい」

*

ピーターソンさんは、核兵器の廃絶を訴える、平和運動に参加しています。

Hbkkk109
【ジャネット・ゴードンさん(71歳)】

同じ町に住む仲間の、ジャネット・ゴードンさんは、兄をすい臓がんで亡くしました。

ゴードン「私の兄はまだ19歳の時、脱毛し、とても驚いていた。まだ19歳だった兄は、髪の毛が抜けるのが嫌だった。5年後、兄はすい臓がんになり、数年後に死んだ。長年かかって苦しんで死んだ。痛ましかった」

 Hbkkk111

ゴードン「政府が裏切った」

Hbkkk4_05  

ゴードン「私と兄は仲が良かった。すぐ上の兄なの」

*

Hbkkk112
【退役軍人・・・7万5千ドル 汚染地域の住民・・・5万ドル(特定のがんに限り補償)】

アメリカ政府は、特定のがんに限り、兵士や市民に補償をしていますが、病気と放射線の因果関係を認めたわけではないというのが、公式の見解です。

Hbkkk113
【広島大学名誉教授 葉佐井博巳さん】

葉佐井「アメリカは、核兵器を使おうとしているわけですから、それはねぇ、いつまでも残りますゆうようなことを言いませんよ。そんな兵器使ったら大事(おおごと)だよな。世の中ひっくり返りますよ。だから残留放射能なんかないんですよと、言わざるを得んじゃないですか」

Hbkkk114

原爆放射線を第一線で研究してきた、広島大学の名誉教授、葉佐井博巳さんは、アメリカのロスアラモス国立研究所を、1981年から度々、共同研究のために訪れています。研究所は、かつて原爆を開発したところです。葉佐井さんは、広島・長崎の初期放射線量を計算したDS86には、核兵器を開発する側の思惑が影を落としていると指摘します。

Hbkkk115

葉佐井「でこれは、ほぼアメリカの言う通りですよ。アメリカが、初めてスーパーコンピューター使うて、計算で出したわけだから、でそれで、これでいいですか?という日本の実験屋に聴いたら、まあそんなもんでしょうということで、合意してしもうた。ほとんど、残留放射線は問題にしてないんですよ」

Hbkkk116

アメリカが知りたかったのは、兵器として、瞬時に殺傷力を持つ放射線のデータだったと、葉佐井さんは言います。

Hbkkk117

実験では、初期放射線の威力などを確かめるために、動物実験が行われました。

Hbkkk118

その、核の傘に守られる道を、日米安全保障条約の下、日本は選択してきました。

Hbkkk119
【佐藤栄作 総理大臣(当時)】 【岐阜市 1968年】

佐藤「わが国の、懸命なる先輩諸君が、選んだ道、それが日米安全保障体制。そうして、過去20数年間、繁栄、安全、平和のうちの繁栄の路を歩んできた。これは歴史的な実証であります」

Hbkkk120
【非核三原則】

核兵器を、持たず、作らず、持ち込ませず、という非核三原則を1968年に打ち出した、佐藤栄作総理大臣は、その裏側で、アメリカから核の傘の提供を約束させ、核密約を結んでいます。

Hbkkk121
【核密約に関する外交文書】

Hbkkk122

*

Hbkkk123
【中国の核実験】

隣の国の核実験が、日本にとって脅威となっていました。

Hbkkk124
【名古屋大学大学院 特任教授 春名幹男さん】

春名「64年に中国が、核実験やるわけですねぇ。でー、その後、その当時の総理大臣の佐藤栄作さんはですねぇ、えー中国が持ったんであれば、日本も持たないといけないと、いうことをアメリカ側に言うわけですねぇ。それで結局はその、核の傘をアメリカから提供されるという形で落ち着くわけですが、やはりその、中国が核兵器を開発したということが、1つの大きい転機になっているわけですねぇ。それで日本が、えーアメリカの核の傘に依存すると」

Hbkkk4_06
【元国防長官 ジェームズ・シュレジンジャーさん】

シュレジンジャー元国防長官は、常に日本政府は、強い核抑止力をアメリカに求めてきたと言います。

シュレジンジャー「日本政府は公式に核の傘の堅持をくり返し求めてきた。ソ連が崩壊する変化はあったが、中国が核兵器を保有しているので、日本政府は懸念している」

Hbkkk4_07

核の傘に入った、日本政府が、アメリカの核実験に厳しく抗議したことはありません。

Hbkkk4_08

葉佐井「よう言わんじゃない。だって、それは核実験してもらわにゃ困る。抑止力があるって。アメリカの核の下におるから。そうすると核を安全に使うてもらわにゃいけんから、実験してもらわにゃいけん。当たり前ですよ」

◆続く◆

« 『ヒバクコク~切り捨てられた残留放射線~』 文字起こし(2/4) | トップページ | 『ヒバクコク~切り捨てられた残留放射線~』 文字起こし(4/4) »

文字起こし」カテゴリの記事

コメント

長年にわたりドキュメンタリー番組ばかり見てはこれはと思うものをメモに取っている者です。
この番組を見て自分でまとめたメモが見当たらず途方に暮れていたところこちらの記事を見つけました。
文字起こしに画面キャプチャまでついているとはなんとも素晴らしい。
助かりました。ありがとうございました。

■Eさんへ
コメントありがとうございます。
お役にたてて嬉しいです。
この文字起こしは、違う構成で2回放送された同番組の動画を元に、不足がないよう再構成したものです。ネットに流れている動画にはない部分も含まれているはずなので、ご注意下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118639/44424627

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒバクコク~切り捨てられた残留放射線~』 文字起こし(3/4):

« 『ヒバクコク~切り捨てられた残留放射線~』 文字起こし(2/4) | トップページ | 『ヒバクコク~切り捨てられた残留放射線~』 文字起こし(4/4) »