最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 原発やめろ野田やめろデモ!!!!! | トップページ | 社会はいじめで出来ている2 »

2012年7月11日 (水)

社会はいじめで出来ている

今回は、いじめについて書くのですが、実はこれ、事件とは関係なく書き始めていたものです。
原発関連で色んな状況、意見を見ていて、これは"いじめ"と同じ構造をしているな…と思ったのです。

みなさん、「いじめ」についてじっくり考えたこと、ありますか?

いじめられたことはありますか?

いじめたことはありますか?

社会的に大きな動きで誰かが苦しめられる時、僕はそこにはいつも「いじめの構造」があると思っています。

まず、学校で起こる、よくある「いじめ」という形から考えてみましょう。


いじめを無くすことが出来るかどうか。

このことは、よく議論されてきています。

いじめが起こると、問題視されるのは、その首謀者・きっかけですね。何の理由もなく突然誰かがいじめられ始めるというパターンもあれば、誰かに対して好ましくないことをしたために仕返しとして発生するパターンもあります。
しかし、どのパターンであっても、最初は誰か1人が思いつき、多くは小さなことから始まります。突然ワーっと始まるように見えることもあるでしょうが、やはり誰かが最初にやりだすのです。そしてそれに同調していくのです。

起きている問題を無くすことが出来るかどうかと考える時、人は「根源をいかに無くすか」というように考えます。しかし、いじめの根源は大抵は小さなことであり、人と人が付き合う上で、いくらでも起こる摩擦なので、それを発生しなくさせることは、ほぼ不可能です。

それなのに、学校の評価を下げないために、いじめが発生した事実を認めないのが当たり前になっています。いじめなんて、起きて当たり前。小さいうちにどう納めるかが重要で、起きたということで評価を下げてしまっては駄目です。だったら、いじめが発生しないように、教室、廊下、校庭、とありとあらゆる場所に人員を配置して、構内で一切いざこざが起こらないように監視すればいいということになってしまいます。

さらに、いじめる人の中には、いじめられた経験を持ち、その苦しみを知っている者も多いのです。再びいじめられることを回避するには、いじめる側に立つのが有効だからではないかと思います。その悲しい事実が、いじめの根源を無くすことの難しさを物語っています。

では、いじめを無くすことは不可能なのか。

僕はこう考えます。

「いじめの根源を無くすことは不可能だが、そこから酷いいじめに発展することを防ぐことは可能」

既に書いた通り、いじめのもとになる原因、根源は些細なことであることがほとんどです。一人の人間が、例えばクラスの大多数を一瞬で敵に回すことを起こすなんてことは、あまり考えられません。

何かあって、それを悪く思う人がいる。

あるいは、特に理由もなく順番でいじめられ役が回ってくるなんていう悲しい話もあります。

とにかく、誰かが誰かをいじめたいというところから始まるわけですが、それが大きな酷いいじめに発展するために必要不可欠なことは、「同調」「傍観」です。

いじめたい意思を持った人ではなく、特に何も思ってないのに一緒になっていじめる人、さらにそれを見て見ぬふりをする人。そういう人たちが現れてこそ、いじめがいじめとして成立し、被害者は追い詰められていくのです。


僕は、小学校入学初日から、高校卒業まで、常にいじめられっこだったと言えるのですが、小学5年生のただ一年だけ、クラスに陰湿ないじめは発生しなかった。

これは、その1年だけを担任した先生のおかげなのですが、以下のような方針を年始に宣言したのです。

「喧嘩はしていいが、危ないので教室ではなく外でやること」

「喧嘩をする際は、必ず1対1ですること」

この2点のみです。

この学校でも、それまでは「喧嘩はしてはいけない」という教育をされてきたので、衝撃的な教えでした。

この先生は、後に絶大なる信頼を得るのですが、年始からこのルールを生徒が忠実に守ったのは、やはり喧嘩を許可された、ということの印象深さではないでしょうか。

こうして、生徒個々のいざこざは、1対1の喧嘩で解消され、陰湿ないじめに発展することはなかったのです。

いじめというものは、発生源だけでは成立しない、集団でのみ成立するものです。


今、大変大きな問題になっている、いじめ自殺事件ですが、僕は教育委員会は元々子どもを苦しめるために存在しているとしか思えないので、そういう点で驚くことはないし、先生も当たりに出会わなければこういうことになるであろうことは、放射能の問題から見ても想像に難くないと思います。警察の対応も、残念ながら、ニュースでよく聞くものです。

とても酷いし、とても悲しい、腹立たしい事件なのですが、どの点をとりあげても、今の日本では何の不思議もない事件だと思ってしまいます。

そして、恒例のミスによる犯人情報公開によって個人特定がなされ、また、いじめたとされる人間の親の動きにも批判が集まった結果、ネットで関係ない人たちが糾弾を始めました。

似たようなことはよくあるのですが、ここで自分の行動を振り返って欲しいものです。

関係ない人間が加担することで、いじめは育っていく。

ネットで糾弾している方のやっていることは、いじめを批判するという形をとった「新たないじめ」なのです。

そして、社会の構造が、このような「いじめの構造」で成り立っていることもわかるでしょうか。

誰かが言っていることに同調する。

問題があると思っていても関わらないで傍観する。

世の中は悪い奴が山ほどいますが、この同調と傍観によって、彼らの思い通りになる手助けをしているのです。

別に、沈黙する自由もあるわけですから、強制は出来ませんけど、黙っていたら、良くも悪くも加担していないことになる、と思ったら大きな間違いです。

身近でいじめに逢っている人から見たら、見えているはずなのに何も反応しない人も地獄の構成要素の一つ。死ぬ方がましだと思わせる絶望の日常の一部なのです。

沈黙の有名人たち。何も言わないあなた方が今までと変わらない日常を見せることは、危険かもしれない状況について「安全です」と言っているのと同じことなのです。


最後に・・・

いじめで自殺という事件があると、「死んだ」という事実から大変大きく扱われますが、そこからもう一歩進んで、死んだほうがましだと思わせるほどの苦しい日々があった、ということに思いを向けて欲しい。

« 原発やめろ野田やめろデモ!!!!! | トップページ | 社会はいじめで出来ている2 »

コメント

深い考察だなぁと、感じ入りました。
人が集えば、諍いの種は尽きない。しかし、それを深刻ないじめまでにしてしまう何かがあるのですね。納得します。

学校の評価という言葉で、いっそう今の子供たちの置かれている状況が、悪化しているのだろうこと想像します。
新自由主義で、なんでも競争にして、効率化を図ったようですが、学校を競わせたら、いじめは絶対に隠蔽するしかないですね。
あの学校にはいじめがあると、噂されたらアウトでしょう。
教員同士も競争させられているから、手助けのし合いもないでしょう。
生徒も、学校の評価に与する生徒だけが大事にされるでしょう。
それにしては、大元の文科省の指導が、問題視されないのは、マスコミと中央官庁の癒着でしょうか?

村八分なんていうのも、一種のいじめ。
「一対一で、けんかする」そういうはっきりした自分を持って表現できるようになれば、いじめも減るのでしょうか。

■ナウさんへ
本文中にあるように、ずーっといじめられ人生を歩んできましたから(実際は社会人になってもいじめに近いものが…)考察も進むというものです(苦笑)

小学5年生の時にいじめがなかったのは、はっきり言って、「喧嘩していい」という教えを面白がった、こそこそせずに出来る、というところでむしろ積極的に喧嘩したように思います。

学校を例に挙げると、これはシステムを変更するだけで劇的に変化します。いじめをもっと表に出すことが可能になります。ある程度目の届く世界だから。

しかし、原発のことなど、広い社会には難しい問題が多々あります。でも、構造は基本的に同じで、金が欲しい、武力を持ちたい、などの願望を消すことは出来ないけど、それを酷い原子力ムラ構造にしないようにシステムを変えることが必要。でも難しい。だったら…ということで、国民が「同調」と「傍観」をやめるしかない。

そうやって、少しずつでも変えていくしかないと思います。

同調と傍観を辞める。
日本人には、厳しい課題かもしれません。

寄らば大樹の影。長いものには巻かれろ。見ざる。言わざる。聞かざる。
そうやって生きるのが、賢い大人の生き方だと、先日も10歳あまり年上の方に
言われてしまいました。
同調と傍観が少ない私にイラついたようです。

でも福島の原発事故が、そういう私たちの生き方にNOを突きつけていると考えれば良いのですね。
今ここで目をつぶれば、安寧な生活が維持できる。
そういう判断は、放射能には有害無益。
厳しいかもしれないけれど、それでも、島国で培われた同調と傍観を捨て去る時期が、来たのかもしれないですね。

そうですね…

それが「賢い」生き方なのだったら、世の中を誰が動かしているのか、疑問に思わないのでしょうかね。

同調と傍観をやめる、ということを出発点で考えて出来る人は少ないと思います。動機がないですからね。僕だって完璧に出来ているわけでは全くありませんが、いじめの話の場合、自分がその立場にいたらどう思うだろう、ということを常に考えています。これは、もうそういう性格というか、自然にそう考えます。そういうところから考えると自然とどうすればいいかを考えると思うんです。

そうならないように、社会に下層を作り上げ、ほとんどの人が「自分は下の立場ではない」と思わせられているんですよね。今だって、何の得もしてないのに原発推進派の市民が多いのはそういうことだと思います。

おはようございます。
初めて立ち寄りました。
違ってたらごめんんなさい。
outomaticfocusさんのブログでしょうか?
こんにちわ。
temakurano_ma2です。

■HATyamanakaさんへ
ようこそいらっしゃいませ。
えーと、微妙に違うのですが(笑)「automaticfocus」のブログでございます。
よろしくお願い致します!

お久しぶりです。

前回のコメント、微妙に違ってました。
失礼しましたm(__)m。まだまだ修行中です(~_~;)

 いきなりの書き出しです。
3.11後の7月初旬に小6年の修学旅行がありました。
関東なので行先は日光でした。その折に、旅行先を
変更するか中止はできないのかと、問い合わせをしたことがあります。
 教育委員会、校長会、地域教育会議、教師、地元市議、
保護者への修学旅行説明会での質問・・・結果は、参加は各保護者の
判断に任せる。不参加でも欠席扱いにしない。学校も安全には配慮していると
その安全対策の説明。・・・もう笑っちゃうような笑えない話が盛りだくさん。

 家ですか?参加させました。子供に懇願されて。不参加の家庭はありませんでした。
保護者への説明会の以前に、子供たちは修学旅行のグループ分けも終わり
行く気まんまん状態でした。・・・「教育委員会は、一般の人が思っているほど力は無いんです。」と、
電話の向こうの教育委員会の方がおっしゃっておりました・・・・・。  

■HATyamanakaさんへ
すみません。読んだのに返事を書くのを忘れていました。

「教育委員会は、一般の人が思っているほど力は無いんです。」というのは、つまりどういうことでしょうね。もっと権力のある組織に動かされているのか、逆に家庭からの力なのか。
日光というのは話題にもなっているというのに、未だに「日光の名水使用」というのを売りにしている豆腐などがありますね。世間の認識はそんなものでしょう…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118639/46293563

この記事へのトラックバック一覧です: 社会はいじめで出来ている:

« 原発やめろ野田やめろデモ!!!!! | トップページ | 社会はいじめで出来ている2 »