最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

街路樹・植物

2012年3月 4日 (日)

街路樹の異変 2012年2月 パート2

今回は、さらさらと、様々なパターンをお見せします。
うちの近所にも、こんなのあるなぁ…なんていう方もいらっしゃるかもしれません。

例によって、放射能汚染との因果関係は不明です。
しかし、今まで見なかったような異様な光景であることは確かです。
そして、今も進行しています。

Pt2_01

縦に長く"ひび"が入っています。
このように綺麗にひびだけが入っているものはめずらしく、以降に示すように、皮がぶかぶかになったり剥がれたりします。この写真のものも、おそらくそのように今後なっていくのではないかと思います。

Pt2_02

ひび、そしてぶかぶか、で、ぼこぼこ…

Pt2_03

こちはら実は既に切り倒されています。写真の下の辺あたりギリギリに切り口があります。
切られてから、皮がぶかぶかになっていき、隙間と根元からキノコが生えてきました。
日当たりのいい、道沿い、でございます。
解かりづらい写真ですみませんが、皮のぶかぶかっぷりもなんとなくわかっていただけるでしょうか。

※クリックで大きくなります
Pt2_04

こちらも皮が少しだぶついてる感じですが、それよりも根元から多数の枝が出てきているのが気になります。既に切り落とされたものも見られますが、めげずにどんどん出てきています。幹そのものも変形しているのではないかと思います。

Pt2_05

こうして、腐ったように剥けてしまったり…

Pt2_06

中から何かが盛り上がって破られるかのようになっていたり…

Pt2_07

ひび、から穴があき、中は中で変形し、皮もそれに馴染みかけてるのか。
さらに下の方から枝が複数顔を出しています。

Pt2_08

これは割れ目が酷いですね。ひびを中から押し広げた感じに見えます。
真ん中の割れ目の中に黒く見える、丸い穴は、例のひこばえ、太い枝が急に生えたものの後です。自然に落ちたのか、誰かが抜いたのかわかりません。にょきにょき出てきたと思ったら数日後に枯れているものも見られるので、そういった跡かもしれません。

Pt2_09

これまた酷く割れてます。昔からこんななのかと思うくらい古びた丸みを帯びていますが、他の木の様子から見ると、やはりこれも新たに起きた異変ではないかと思われます。
割れ目の一番奥の上方を見ると、枝を切り落とした跡が見られます。急激に枝が伸び、落とされ、そこから下が割れ、割れ目の切り口が盛り上がり、塞いできている、という急激な変化をした結果のようです。木って、そんなに動きませんよね。普通。

Pt2_10

これも奇妙なのですが、割れ目の変化形なのか、中に腐ったような芯が見られます。1本の幹が、2本に分かれたような幹事になっています。このようなものも、各所で見られます。予備軍のように、割れ目はないけど、2本の幹を束ねたような盛り上がりを見せるものもあります。

Pt2_11

こちらも、まるで、寄り添って立つ2本の木のようでが、紛れも無く1本の木です。

2012年2月28日 (火)

街路樹の異変 2012年2月 パート1

僕は専門家じゃないし、こんなものを上げて何か意味があるのだろうか、と思いつつ、全然こういう話題を他で聞かないし、会った人に話しても同意してくれる人がほとんどいないので、もしかしたら貴重なのかもしれない、と自分に言い聞かせながら続けます。

街路樹が本当に変です。

今回最初にご紹介するのは、2月11日に行われたデモに参加中に撮影したものです。原宿近辺でしょうか、地理がよくわかっていません。

Grju_01_01

あまり変に見えないかもしれませんが、細い真新しい枝が全体的にばさばさ飛び出しています。拡大します。
※クリックで大きくなります
Grju_01_02

わかります?特に下の方の幹から直接出ているのがわかりやすいですね。

さらに…

※クリックで大きくなります
Grju_01_03_2

ちょっとぶれてしまいましたが、雰囲気は伝わるでしょうか。まるで、終了寸前の線香花火のように、細い枝が飛び出しまくってます。
いつものこの木を見ていないので、これが本当に異常なことだとは断定できませんが、近所の木で感じる異様さと同じものです。

さて、場所は変わってこちらはまた、東京南部、比較的空間線量が低いとされている地域です。

Grju_01_04

昨年の春から夏にかけて、木に妙に緑色のカビのような付着物が増えてたのですが、それは枝を落とされた切り口にも付くので、どんどん更新されていってるようです。そして、ここのところ、その上に上の写真のような分厚いコケが生えるようになりました。そうなっている木が大変多いです。一部では、キノコが生えてる木もあります。

Grju_01_05

こちらは、イチョウの木の根元。解かりづらいですが、中に空洞が出来ています。色々あるのですが、皮が元気で中身が枯れ木のようになってたり、皮がどんどん剥がれたり、とにかく皮と中身が別の挙動を示しているのです。妙な空洞も増えました。

そしておなじみのこれ…

Grju_01_06

これもイチョウですね。これは目の高さです。
幹からこんなに細い枝がばっさばっさ出るって、やっぱり異常でしょう。
そして見えてるように、太い枝を切り落とした跡がいくつもあります。見た感じだと、これはおそらく最近生えた枝です。こうやって、生えては落とされ生えては落とされ、といういたちごっこが各所で繰り広げられているのです。そして、次第に幹がボコボコになってしまいます。

場所を少し移動しまして、これは車道から少し離れた山道です。
街路樹は普段からダメージを受けているせいか、異常が顕著なのですが、山道の木にもやはり異常は見られます。

Grju_01_07

これは何と言う木かも知らないし、これが異常なのかも正直僕にはわかりません。しかし、ここは頻繁に通る場所ですし、今までこんな妙な剥けかたしてたら気になっていたはずだと思うのです。剥けてしまったらどうやら真っ白なようですし。

Grju_01_08

これはまた車道沿いです。
写真のように、根元に変な段差があって、急に太く、そして汚くなっている木もよく見られます。定点観測していないので、記憶に頼るしかないのですが、この段差の部分って、原発事故があった時の、地表の位置だと思うんです。それから徐々に一部が太い木が出てきた気がするんです。枝も、信じられない速さで伸びているので、本体の幹もこれくらい伸びてても不思議じゃないのです。今後どうなっていくのでしょうか。

そして次は、またもや不気味な写真です。

Grju_01_09

なんでしょう、この割れ目は。
そして、割れ目の下にある枝の切り口からまたさらに二本の枝が伸びてきています。
このように、中から引き裂かれたかのように、割れ目が出来ている木は本当に多いです。

そしてこれ・・・・・・

Grju_01_10

見える範囲で急に出てきた枝が6本。全部幹の途中から突き破るように出てきています。
そして、下の枝のあたりは、幹の軸がずれてる。割れ目の下と比べると、上が急に左に寄っているでしょう。そして上の割れ目から見える幹の中身はまるで枯れ木のよう…

ところでこれは全く不明なのですが、最後の2枚の写真に見られる、卵のようなものはなんでしょうか?下の写真で言うと、上の割れ目の下の左側にくっついてる。卵の殻のようで、穴が開いてるんです。何かがそこから出て行ったような。今まで見た記憶がないのですが、昨年からこれが付いてる木をよく見ます。何かの虫でしょうか?

みなさんのご近所に、こんなおかしな木はありませんか?

2012年2月25日 (土)

木が怖い

昨日に引き続き、溜まっている街路樹写真をご紹介いたします。
場所は、東京南部の、比較的空間線量が低いと見られている地域です。
時期は、昨年末から年始にかけて。

まずこちら。

Grj_nmns01

このように、幹が分かれてる部分が、たるみというかなんというか、おかしな状態で隆起し、あまった皮がぼろぼろ飛び出す、というようなものは初期段階からあったのですが、より酷くなっているような気がします。写真では、上のほうには切り傷のようなものも見えますが、こういった傷も多く、酷くなるとそこから剥けてきてしまいます。

Grj_nmns02

このように、横向きに傷が入り、割れてきてしまうものも多数。そこから枝が出たり、ぐぐぅっと曲がったりしているものもあります。

Grj_nmns03

これは傷が酷くなったのかどうかわかりませんが、大きく皮が剥がれてしまってます。写真では解かりづらいですが、傷の下の部分は完全に外れていて、上からぶら下がっている状態です。そうですね…50cmくらいでしょうか。こちらはおなじみの、カビのような付着物もあって緑色になってます。

Grj_nmns04

こちらは、プラタナスだと聞きました。
表面がつるんとしてて少しずつ皮が剥がれ、時間がたつにつれ色が変わるようで、表面がカラフルでとても綺麗な木です。
それが、こんなにごつごつ、そして内側から破壊されたように飛び出してます。
普段、枝などない高さなのですが…

酷い割れ目があるところに寄ってみます。

Grj_nmns05

さらに拡大。(※クリックで大きくなります)
Grj_nmns05c

割れ目の中に、何かが潜んでるような雰囲気。

同じ木の枝にも奇妙な塊が出来ていたので、下から撮影しました。

(※クリックで大きくなります)
Grj_nmns06


とにかくなにがどうなってるやら…という感じなので、拡大2連発。

まず左側(※クリックで大きくなります)
Grj_nmns06c1
甲殻類の腹みたいな感じになってしまってます。ぐっちゃぐちゃ。

右側(※クリックで大きくなります)
Grj_nmns06c2
こちらは、枝の下の部分がごっそり剥けて、中に枯れ木のような芯が見えてしまってます。
もう・・・・とても怖いです。

これらの木は、未来の自分、と考えるべきなのでしょうか。

2012年2月24日 (金)

イチョウが汚い

過去数回「街路樹の異変」として奇妙な状態になっている街路樹を紹介してきましたが、久々にそのシリーズです。

今回は、昨年12月に撮った、イチョウの写真です。

まずはこれ。

Icho111201

えー…なんと申しましょうか…汚いです。
枝にそって、そして全体的に枝の根元まで葉っぱが生えています。

こんな姿を見るのは初めてです。

次にこれ。

Icho111202

上の方は置いといて、下の方、例年通りなら枝がないところにも、多数の「ひこばえ()」があるので、幹の下の方まで葉がしげっています。いつもなら、下の方には葉がなく、上のほうにモサモサとしているものですが、今年は手入れが悪いだけ、ということはないと思います。
※「ひこばえ」とは、樹木の切り株 や根元から生えてくる若芽のこと。

上のほうも、なんだか枝の根元に近い方ばかり葉が残っていて、裸になった細い枝がバシバシ飛び出しています。

こんな汚い木ではなかった…

Icho111203

イチョウというのは、「ひこばえ」がよくある、と聞きましたが、異常に多いのですよ。
上の写真のように、木の根元からもいっぱい枝が出てきて葉を茂らしているのです。

wikipediaによると「環境悪化などによって主茎が弱った場合などには蘖(ひこばえ)が多数でることがある」とのことです…

真下から覗くと…
一本の木がジャングルのようです。普段はこんなに枝の根元まで葉はないです!

※クリックで拡大
Icho111204

2011年12月 3日 (土)

異変の起きてる木は、その後どうなるの?

ひっそりと3回にわたって街路樹の異変について書いてきましたが、異変が起きてるものと、伐採されるものの間ではないかと思われる状態の木を発見しました。

Kare01

ちょっとピンボケで見づらいですが、幹の左に急に出てきた枝が萎れてます。
こんな寒くなる時期に若い葉っぱが出てくるのがまず不自然なのですが、それが途中で萎れてしまうというのは、もしかしたら、木、本体に限界が来たのではないかと思います。

その証拠と言っていいのか、この木の上を見ると、

Kare02

きのこがびっしり…

ところどころひび割れてたり、切り口に腐ったような芯が見えたりします。

この場所は、つい数日前に整備されてたようなので、もしこまめにチェックされてるとしたら、近いうちに伐採されるのではないかと思います。

 

2011年11月30日 (水)

街路樹の異変3

街路樹の異変
続報・街路樹の異変

に続き、第三弾です。
ほとんど反響がなくても頑張ります。

Gairoju3_01

さて今回は、住所はよくわかりませんが、東京と神奈川の境付近の、特別空間線量が高いと言われていないところです。

まずはこれ。(※クリックで拡大)
Gairoju3_02_2

どう思いますか?
今、冬ですよ?
ちょっと前に見た時は、葉っぱが少しだけあったのですが、こんなに増えています。
これからどんどん寒くなるというのに、新緑と花の饗宴。何事?

Gairoju3_03
幹からの芽(枝?)も、どんどん出てきています。

さて、場所を少し移動して、とある公園の中をうろついてきました。

Gairoju3_04
これはいったいどうなっているのでしょう。
皮のない枝が腐ってる。
腐ってたから、上を切って、その時に皮を剥いでしまったのでしょうか…

次は少々分かりづらいかも。(※クリックで拡大)
Gairoju3_05
この大きな木でも、例の皮のだぶつきが見られます。
枝分かれ部分の境目が不自然に盛り上がってたり、しわしわになっていたり、写真にはありませんが、布のように見えるものもあります。そして、例のカビらしきものも…

この、枝別れ部分の不自然なしわは、ほとんどの木にあります。中にはそこだけ色がはっきり違って、斬りつけられたように見えるものも。

次もちょっと分かりづらいかも。(※クリックで拡大)
Gairoju3_06
写真の撮り方を失敗して肝心なところが写ってないので解説します。
真ん中やや左に縦に立ってる幹がこの木の本体です。
右に伸びてるのが枝。元を見てないのでわかりませんが、もしかしたら急に伸びたものかも。
この木で、外見が元気なのは、右に伸びてる枝のみです。

本体の幹はこんな状態
Gairoju3_07

なんだか、枯れ行く木が最期の力を振り絞って枝を伸ばしているといった感じです。

側にはこんな木々…
Gairoju3_08

Gairoju3_09

Gairoju3_10

Gairoju3_11

さて、ここからまた道に出ました。

Gairoju3_12

今まで見てきた感じだと、これは、中身が腐って、皮が剥けて、なぜか皮が変に成長して、盛り上がってる状態、ではないかと思われます。痛々しいです。

別の木
Gairoju3_13
なんかにょきにょき出てます。

Gairoju3_14
もう、どこがどう、ということじゃなく、病的でしょ。小中高の通学路です。
Gairoju3_15

そして、今回一番奇妙だったのがこれ。
Gairoju3_16_2
ちょっと分かりづらいのですが、奇妙な状態です。
下の部分は、腐った中身を皮が包んでる状態で、上の方はむき出し。
上だけ見ると・・・・・
Gairoju3_17
もう、枯れ木というより、何年も地面に放置した杭のようです。

Gairoju3_18

この木は、今後どうなっていくのでしょう。
あまりよく行く所じゃないので、いつか機会があったらまた見てきます。

僕がやっていることは、線量計もないし、全くもって非科学的なのですが、明らかにいつもと様子が違うので放射能を疑うしかありません。
行政はこれを知っているはずですよね。管理してるんだから。

このように、おかしな木がないか、他にも知りたいのですが、僕の貧弱な情報発信力では、全く期待できません。もし、これを読んでくださった方で、興味があれば、観察してみてはもらえませんでしょうか。もしこれが放射能汚染なら、もっと原発に近い場所ではいったいどうなっていることか…


 

2011年11月26日 (土)

続報・街路樹の異変

今月の初めに「街路樹の異変」という記事を書きましたが、その続報です。

まずは、おかしいな…と思うものの普段がよくわからないし、近寄れなかったので細かい見た目もよくわからないものから。

K201

なにやら、こぶのようなものがポコポコっと…
そういう木、ということはなさそうなのですが、普段がどうなのかは知りません。

別方向から見ると…

K202

大小様々なこぶのようなものが…

他にも謎の隆起、こぶが見られる木がいくつかありますが、それは普段どうだったのか。気になってなかっただけなのか、わかりません。

さて、次はこれ。

K203

下の太い幹から枝というより、一回り小さな幹が出ている、といった感じですが、真ん中の境目がなんだかごちゃごちゃしてて欠けてますよね。そして縦に長くヒビがはいっている。こういった、境目が自然に繋がっていないものが多々あります。

次はこちら。

K204_2
※クリックで拡大

これ、何の木かわかりますか?

桜です。ソメイヨシノだと思います。

桜って、花も綺麗ですが、実は幹がとても綺麗ですよね。つるんとした中を横切る切れ込みのようなかんじ。で、ここの桜も大好きだったのですが、こんなに表皮が荒れているような記憶はありません。他の木が表皮に異変が見られるので、桜もこのように荒れてしまったのでしょうか。

そして、一部の枝には…

K205

きのこが生えています。

K206

きのこって、生きている木に生えることもあるのですが、こうして生えている場合、中が腐敗しているかもしれないそうです。木によっては、きのこが生えたらもう元気を取り戻せないとか。

ソメイヨシノは天然ものではなく、今花を咲かせているものの多くは、もうすぐ寿命だ、と数年前から言われていますね。弱っていたところへ追い討ちをかけられてしまったのか、来年花が咲くのか、あるいは倒れてしまうなんてことも考えられるのか、気になるところです。

最期にもうひとつ。
震災後、木に異変が起きているからなのか、たまたま定期的な作業だったのかわかりませんが、切り倒された街路樹も多いのですが、枝を切り落としたものもよく見られます。そんな中、枝を落とされた後の切り口から…

K207

皮を破って芽が4つも顔を出しています。
これを芽と言っていいのかわかりませんが、とにかく凄い勢いで枝を伸ばすのです。

植物を育てる時に、あまり詳しくない人が、水を遣ればよく育つと思って適量以上に遣ってしまった場合、確かに大きくはなるけど、花が咲かないでがっかりするなんてことがあります。それは、植物にとってらくらく育つ環境なので、花を咲かせるという「子孫を残す」行為をしなくていいからだという話です。こうして、次から次へと枝を伸ばしているのは、身の危険を感じているからなのではないでしょうか。

植物の専門家の方などで、このような研究をされている方はおられませんでしょうか。

私はなんだかいつもと違うような気がするものを挙げているだけなのです。

 

2011年11月 9日 (水)

街路樹の異変

以前からツイッターではちょくちょく話してたのですが、街路樹の様子が変です。

場所の詳細は伏せますが、東京都の、比較的空間線量の低い地域です。

たしかあれは…3月末頃かな…

まずは、家の木がひび割れてることに気付きました。それから、ふと見ると、幹に不自然に割れ目が入ってる木がいっぱいあることがわかりました。それからしばらくすると…

Kihen1

このような、緑色のカビみたいなものが幹に付着し始めました。
常に観察しているわけではないので、これが本当に異常なことなのかははっきり言えません。しかし、長年同じ道を歩いてきて、いつもの木にこんなに緑色がついたことは記憶にありません。

酷いところだとこんな。

Kihen2

この写真は最近撮ったのですが、震災以降はしばらくこんな感じの木が多かったです。

そして、夏を過ぎると、今度はどんどん幹の下のほうから枝がにょきにょき生えてきました。例えばこんな感じで…

Kihen3

上の写真の、上のほうに黒っぽく見えてるのが本来の枝の部分で、写真の大半を占める枝葉は、急に生えてきたものです。もしかしたら今まで、誰かが手入れしていたのかもしれませんが、今年はこうしてやたらと樹木の下の部分から枝が出ているのです。

そして…

Kihen4

ちょっとわかりづらいかと思いますが、ここに映ってる太い枝は、以前からあったものと見られます。その枝と枝の付け根から下の部分の表皮が引っ張られるように大きく隙間が開いていて、これはなんだか急にぐんぐん成長してしまい、皮が間に合わなくてこうなったのではないか、と推測しております。このような状態もよく見られます。

ここまでの写真は全て、つい最近撮ったイチョウの木です。
ここのところカビのようなものは、減ってきていたように感じてたのですが、また新たなものが出てきたような気がします。イチョウと言えば、気になるのはギンナンですね。もし、この異変が放射能の影響だとしたら、その木から採れるギンナンに、放射性物質は移行しないのか、ということです。

街路樹なので、普通は食べないのかと思いきや、近所には食べる人もいるそうです。それだけならまだしも、ここらは大変沢山のイチョウの木があるので、時期になるとどこからともなく業者と思われる方々がやってきて、夜中にギンナンを採っていってしまうそうなのです。

そのギンナン…どこで何に使われるのでしょうね…


最後にもう1つ、これは別の場所の別の木です。木の種類は不明ですが、やはり街路樹です。

Kihen5

凄いひびと、そこから伸びる枝。

さらに拡大してみます。

Kihen6

割れ目の中にもいくつもの芽が見えます。次から次へとどんどん枝が出てくるのです。幹の真ん中から。

こんなの初めてです。

どういう判断でされているのかわかりませんが、ここ一ヶ月くらいの間に、何本かの街路樹が根元から切られています。木が駄目になってしまったのでしょうか…


今年が、例年と特別違うことと言えば、大きな地震を体験したことと、放射能汚染、くらいですよね…

その他のカテゴリー